おしゃれなオフィスデザイン

働きやすい職場環境を作ろう!

このサイトではオフィスデザインを事例にしながら、いろいろな参考になるようなものをご紹介します。
多くの人が働くオフィスの場合、これまで機能性を優先しておりデザイン性について軽視されてきた傾向がありました。仕事をする上でデザイン性より機能性を優先することが必要ですが、近年はデザイン性に着目するような企業も増えています。
デザインに目を向けることによって企業に多くのメリットがあり、働く人や訪れる人に快適な環境の中で過ごすことができます。

オフィスデザインは事例を参考にしよう

オフィスデザインは事例を参考にしよう 人に初めて会ったりクライアントに訪問する時、第一印象が大切です。それは人だけではなく、オフィスを訪れた時に感じる印象も大切です。
例えばエントランスやオフィスなどの通路に荷物があったり、会議室や応接室などのテーブルや椅子などが傷んでいると、あまり良い印象を与えることはできません。そのようなオフィスデザインの会社に対して、不安な気持ちになることもあるでしょう。
いろいろな事例があるので参考にしながら、気持ちの良いエントランスや整然と整理されたオフィスなどの実現に取り組むことをおすすめします。
クライアントとの良好なパートナーシップを築いたり、同僚などお互いに良い仕事を行いたいなら、オフィスデザインで会社の印象を高めることが可能です。

オフィスデザインは創造的な仕事がしやすい空間づくり

オフィスデザインは創造的な仕事がしやすい空間づくり オフィスは働く場所として、様々な機能を持ち生産性の向上が図れる場所であることが大切です。そのためには機能性だけでなく、従業員やお客様の心理にポジティブに働きかけるデザイン性は重要です。
もしオフィスが、機能的だけれども落ち着かない場所であれば、そこで働くスタッフの創造性なども発揮しにくいものとなってしまうかもしれません。
例えば、企画などを担うスタッフが、窮屈で居心地のあまりよくない場所で、創造的な仕事ができるかというととても疑問です。従業員にクリエイティブにとんだ仕事を行ってもらいたいなら、オフィスも同じくらいにクリエイティブな環境であることが期待されます。
そのための一つの視点として挙げられるのが、オフィスデザインです。オフィスデザインはオフィスにデザイン性を持たせ、単なる機能的な場所だけでなく、創造的に仕事を進められるような空間を作ることです。
このような空間デザインは気持ちよく仕事を行ったり、商談を進めていけるような環境づくりに貢献し、より生産的な活動が行いやすくなるメリットがります。
そのため、オフィスデザインはまだ新しい視点ですが、大切なワークプレイスの空間づくりに不可欠な要素といえます。

コロナ対策に適したオフィスデザインとは?

コロナウイルスの流行によって、今ではすべての企業が対策を講じる必要に迫られました。
未知のウイルスだったため手探りの状態でコロナ対策は進められてきましたが、今では知見が積み重なり、有効なものとそうでないものが整理されてきたと言えます。オフィスデザインとしてもっとも重視したいのは換気です。換気の悪い密閉空間は「3密」の一つであり、感染を助長させてしまいます。オフィスは机や椅子の配置ばかりが取り沙汰されますが、窓の方向や数、機械換気の性能などは見直されるべきでしょう。特にパーティション(仕切り)はこれにより新しいアイデアが必要になってきます。なぜなら、ウイルス学の最新の知見によるとアクリルパーティションが換気を妨げ、感染の温床になることが分かってきたからです。さらに、テレワークの広がりによりオフィスの存在理由すらも再定義しなければならなくなりました。これからはオフィスの当たり前を見直して、オフィスデザインは再考する必要があります。

感染防止につながるオフィスデザインのアイデア

新型コロナウイルスが猛威を振るっている現在、感染防止に貢献するオフィスデザインは不可欠です。まず大切なのは飛沫感染を防止することです。
人と人の間にパーティションや棚などで、可能な限り物理的障害物を作ることが大切です。対面で話さなければならないところでは、アクリル板などを使うのおすすめです。飛沫防止をしながらも、相手の表情が見えるため話し合いに支障が出ません。もともと人に対して座席が多いならば、1席ずつ空けて座るオフィスデザインもいいです。正面と真横に人がいないから、飛沫を受けるリスクが低減します。市松模様の形になります。使用頻度が減った会議室をフリーアドレスの作業スペースにする方法もあります。さらに一人で作業に没頭すべき業務の人は、デスクを壁に向ける方法が賢明です。くしゃみをしても飛沫のほとんどは壁に向かいます。そしてスタッフの多くが触る共用部分を減らす工夫も必要です。一人ひとりがハンカチを使って開け閉めしたり、頻繁に消毒したりするのも有効です。

オフィスデザインは来客者のことを考えることも大事

オフィスデザインには、一体どのような考え方を持っていたほうが良いのか気になるところです。これから初めてオフィスでデザインをする場合には、その特徴をよく考えておかなければなりません。具体的には、来客者のことを考えると良いと言われています。例えば、来客者といっても様々ですが、実際にその会社に来るような人がどのような人なのかをよく理解しておくことです。そのことが理解できれば、決して大きく外す事はないでしょう。しかし、それを考えずになんとなく社長の趣味などで見た目を変えてしまうと、うまく仕事が回らない可能性があります。 イメージが良ければ、オフィスデザインだけで仕事をもらうことができるかもしれません。印象が良いので、もう一度あの会社に行ってみようと考える人もいるかもしれないわけです。意外かもしれませんが、実際にそのようなことがあるため、相手から見てどのように見えるかをよく考慮することです。多くの人が満足できる内容になるでしょう。

オフィスデザインを考える際には統一感も大事

オフィスデザインを考える際、統一感というキーワードも重要です。確かにオフィスで行われる活動にはいろいろなものがあり、その活動に応じてデザインを当てはめるやり方もあります。個人が集中して業務を行うためのスペースとか、チーム員がお互いの顔を見ることができる範囲で一緒に仕事をする場面もありますし、異なる部門の人が何かのプロジェクトについて会議をする場面も必要です。あるいはお茶を飲んだりちょっと雑談をして息抜きをするスペースも決して不要なわけではありません。これらは目的が異なりますから、オフィスデザインも異なって全く構わないのですが、だからと言って何の統一性もないバラバラのデザインでは、同じ一つの会社や同じオフィスと考えた場合に違和感というか一貫性がないように感じられることもあります。目的に応じて変更するのは問題ないとして、やはり全体的に横串を差すようなコンセプトを持っていたほうが良いことは言うまでもありません。

オフィスデザインではコンセプトが大事になる

オフィスデザインを考える場合、そのコンセプトが大事です。基本的に職場は仕事をする場所ですから、仕事の能率が上がるようなオフィスデザインを考えることが第一ですが、仕事の能率と一口に言ってもその内容は均一ではありません。個人単位の業務の場合は集中力がキーワードになると思われますが、例えば複数の人が集まって意見を出し合う会議も仕事の一つですし、さらには目の前の仕事を片付けるのではなくオフィス内での何気ない会話とか雑談のようなものであっても、長い目で見るとその部門やその会社の業績にとって欠かせないものになっていたりすることもあります。このような場合に集中力がキーワードになるわけでないのは理解できるはずですから、そのオフィスで何が主な目的となっているのかに応じてデザインも変えることが適切です。ゾーンを分けるなどして、ゾーンごとに異なるコンセプトの空間とすることで全体の効率がアップすることもあり得ます。

オフィスデザインに興味がある業種で働きたい

オフィスデザインを担当した業種に就きたいと考えている人は、将来のことも考えて建築系の大学で学ぶことがおすすめです。デザインが好きな人は、建築士や、設計事務所で活躍する人も多く、専門の知識が必要となります。現代では、建築士が自分で設計したデザイナーズマンションや、一軒家に住んでいる人も多く人気を集めています。オフィスデザインをメインとする業種には、優れた人材を確保することができ、スキルやモチベーションも高い人が多く集まります。労働環境も良いので、オフィスをデザインすることは、労働意欲を高め快適な空間で仕事をすることで、効率も高くなります。専門の知識を集めた人が設計したオフィスデザインでは、若い人にも人気で発想力や創造性も豊かになるために、建築家の知恵も必要です。将来設計を中心に、オフィスをデザインしたいと考えている人は、さまざまな経験と知識が必要になるので、専門の学校で学ぶことも重要になります。

オフィスデザインは色使いが意外に大事になる

オフィスをデザインする場合には、オフィスデザインの専門的な知識を身に付けておいた方が良いです。なんとなくその会社の社長の命令でオフィスデザインをしてしまうと、完全にしらけた内容になってしまう可能性も否定できません。社長のセンスが素晴らしければ良いですが、多くの場合そこまでは大したことがないはずです。 もし、しっかりとした見た目にするためには、奇抜なものではなくかといって地味なものでもなく色使いをよく考えておくことが必要です。例えば、色には一つ一つと意味があり、それに従った職場にするのが良いかもしれませんねと言うよりも、その職場のカラーはどのようなものなのかを考え、デザインをすることが必要です。例えばあまり使う人がいないかもしれませんが、赤色などは情熱的なものとして利用されます。壁を真っ赤にする必要は無いものの、情熱的な会社ならば少し赤を取り入れてみても良いかもしれないです。もちろん全体の調和を考えながら行う必要があります。

企業の関係者がオフィスデザインを依頼する場合の基礎知識

本社移転や営業所開設などで賃貸オフィスを契約するときには、入居前に内装工事を実施するのが一般的です。そして仕事がしやすい内装にするためには、オフィスデザインを専門の会社に依頼する必要もあります。
オフィスデザインを依頼する場合には工事費の数パーセントの料金が加算されますが、完成した事務所はとても働きやすくなります。
したがって費用が多少割高であっても、企業の関係者は積極的にオフィスデザインのサービスを活用しています。
一方で企業の業種や経営方針などの諸条件によって、機能的なオフィスのデザインは異なります。最初に設計事務所と十分に相談するのが、使いやすいオフィス空間を実現するための基本です。
特に社員がオフィス内を頻繁に移動する場合には、家具の配置をゆったりとさせるなどの工夫も必要です。働きやすさを考えてレイアウトを変更したいときには、パーティションを活用して柔軟性の高いオフィス空間を実現する方法があります。

オフィスデザインにも多様なトレンドがあります

オフィスデザインには様々なトレンドがあり、オシャレな見え方をするかどうかで印象も変わります。とはいえ、オフィスはあくまでオフィスなので必ずしも最新のトレンドにする必要はありません。
数ある流行りの中から、自分の会社にとってメリットのある内装を選べば良いということになります。オフィスデザインでは執務スペースを可動式のデスクのみで構成するというケースがあり、大きな注目を集めています。
執務スペースではグループワークを行うことが想定されます。その際に可動式のデスクがあれば、任意の人数のグループに容易に分けることが出来て便利です。リフレッシュ空間を用意することも流行の1つとなっています。
あえて締め切らずセミクローズドな空間を用意し、オープンな気持ちでリフレッシュしてもらうことが出来ます。そこにはパーテーション付きで吸音効果のあるソファを置くことで、会話が外へと漏れ出てしまうことを防げるようになっています。

女性の目線で考えられるオフィスデザインとは

昨今女性の社会的進出が目立ってきて、もはやジェンダーなどはどこに行ってしまったのだろうかと考えられる昨今ですが、人間よりも物を重視するとしたらオフィスデザインは最初に重要視されて良いものになってきているのではないでしょうか。
やはり男性との間における性差の違いは明らかで、古来より女性というものはその空間的スペースにおいて、その居心地の良さや清潔さ等を求めてきました。全てでそうではありませんが、大抵はそのような感じに捉えられて来たものだと推察されます。
例えば上司との関係でも、近すぎても離れすぎていても良くなくどちらかに片寄ってしまったりするとノイローゼなどを併発しかねません。
また他社員との関係性においても、風通しの悪くなった場合にはどこか逃げ場が必要になってきます。その様な時、いかに彼女達にとってオフィスデザインが重要なものになって来るかが分かってきます。
自然をテーマにしたものでも良いし音楽が流れているのも良いでしょう。彼女達の声に耳を傾けてみると、ここぞとばかりに多様で新鮮な意見が沸き上がって来ると思われます。

オフィスデザインの成功のポイントはどこ?

オフィスデザインが成功した時とは、「仕事がしやすくなった」「会社のイメージアップが図れた」と好評をいただく時です。
オフィスデザインを成功させるためのポイントとは何でしょうか。まずは、社員が仕事をしやすいように、その動線や内装に留意して社員が快適に過ごせるようにすることです。社員の仕事能率があがれば、会社の利益向上につながります。
次に、オフィスデザインによって、会社のコンセプトを対外的に表現することです。例えば、バリアフリーやユニバーサルデザインを意識したものにすれば、ハンデキャップを持った社員や高齢の社員も働きやすく、対外的にも自社がハンデキャップを持つ方や高齢者を大切にしている会社であることをアピールできます。
優れたオフィスデザインの職場は、会社にとっても社員にとっても、あるのはメリットのみです。会社側は社員の要望にも耳を傾けて、その要望を反映したデザインを考えたほうが良いでしょう。それが、ひいては会社の繁栄につながるのです。

オフィスデザインにはお金がかかるので注意

オフィスをオシャレにしたり、使い勝手を向上させたりするためにはオフィスデザインを一新することが重要となります。
しかし、オフィスデザインを新しくするとなるとどうしてもお金がかかり、出来ることには制約を賭けざるを得ません。
それらの費用については基本的には経費に計上することになります。費用対効果を確認しながら計画を進めていくようにしましょう。
オフィスのレイアウトを間取りから変えるようなリノベーションでは、どうやってもコストは大きくなります。ところが、間取りはそのままにして新しいインテリアを設置する等であればそれほど費用は掛かりません。
可動式のデスクを導入するだけでも能率は大幅に上がる可能性があります。オフィスの見通しの良さは重要ポイントの1つになります。
どの席からも全員の様子が見渡せるかどうかについて、よくチェックしておくようにしましょう。モニターの大きさ、角度なども少し変えるだけで働きやすさが変わってきます。

オフィスデザインを決める時には従業員のアンケートを参考に

オフィスデザインを決める際に従業員の意見をアンケートを実施し集めることは、効率的で生産性の高い職場環境を創造する上で有効です。 従業員はオフィスでの日々の業務を通じてどのような環境が作業効率を高め、快適性を向上させるかについて貴重な洞察を持っています。アンケートによりこれらの意見を収集することで、実際の働き方やニーズに基づいたオフィスデザインを計画することが可能です。これはスタッフの満足度を高めるだけでなく、企業文化を反映しブランドイメージを強化する効果も期待できます。 例えば企業が、オフィスのリノベーションを計画することがあります。スタッフからは静かな作業スペースの確保・オープンスペースの設置・明るい作業環境への要望などが寄せらるでしょう。これらのフィードバックを基に個室とフリースペースをバランス良く配置し、窓際を活用したデザインを採用することで働く人の満足度が高いオフィス環境を実現できます。

快適性を重視したオフィスデザインを考えるデザイナーを頼る利点

快適に働ける環境を構築するために、オフィスのインテリアなどを変更するつもりなら、オフィスデザインの専門家を頼るのが理想的です。優秀なデザイナーがいる企業は見た目の良さだけでなく、利便性を重視したデザインを考えてくれます。共有スペースを新しく作ることで、従業員同士がコミュニケーションを取りやすくなって、オフィスの雰囲気が良くなったという例も珍しくありません。企業が抱えている問題を解決するために、オフィスデザインの専門家を活用することを推奨します。足元のケーブルが邪魔に感じるだけでなく、転倒事故が起きた経験があるのならOAフロアを導入するといった、問題に合わせた対処法を見つけるのが得意なデザイナーを頼ってください。ブランドの価値を上げることを重視して、オフィスのレイアウトを変えたい時にも専門家が助けてくれます。パンフレットで室内を撮影した時に、おしゃれで働きやすい環境だと感じられるようにレイアウトを調整することで、入社を希望する人間が増えたという例もあります。

オフィスデザインはコンセプトに基づいてスタイルを考慮する

新しいオフィスデザインは、単に働く場所の環境を整えるだけではありせん。企業の理念や価値観をデザインに表し、社員のモチベーションや生産性を高める重要な要素にもなります。そのため、オフィスデザインはコンセプトに基づいてスタイルを確立することが大事です。まずはコンセプトを明確にすることで、社員にとって居心地の良い、働きやすい環境を実現することができるでしょう。オフィスデザインのコンセプトを決める際には、企業理念や価値観を反映するものを考えます。企業のビジョンやミッション、社員の行動指針などに配慮しながら、オフィスの雰囲気や空間をデザインしていきます。例えば、顧客とのコミュニケーションを重視したいと考えているときは、来客スペースを充実させたり、デザインに工夫することが大事です。オープンなコミュニケーションを促すようなレイアウトを採用すると、商談や打ち合わせも円滑にすすみやすくなります。また、若手社員が多い企業であれば、アクティブで明るい雰囲気を演出するようなデザインが向いています。30代や40代の社員が多い企業であれば、落ち着いた雰囲気の空間づくりを心がけるとよいです。

フレッシュな雰囲気を演出するオフィスデザイン

重苦しい雰囲気のオフィスで働いている従業員は、日ごろからストレスや疲労感に悩むことが多く、離職率が上がる可能性があります。快適に働ける環境を目指したいのなら、フレッシュな雰囲気を重視したオフィスデザインを採用してください。心が落ち着く環境を目指したい時には、観葉植物をいくつも配置するのがおすすめです。緑色が視界に入るだけでも心が落ち着き、疲労感やストレスを忘れさせてくれます。見た目がスッキリとした空間を作るために、床下に電源ケーブルなどを通せるOAフロアを採用するのも効果的です。大量のケーブルが足元に置かれている環境は、ホコリも溜まりやすくなって清潔感も薄れます。掃除のしやすさを重視することも、快適に働けるオフィスを目指す時には重要です。観葉植物を配置するのではなく、室内の壁面緑化を行う企業も増えています。壁を植物で覆うことで心が落ち着くオフィスデザインに変化して、長時間のデスクワークでもストレスが溜まりにくいと好評です。

業種によってニーズが異なるオフィスデザイン

業種によって、オフィスのデザインは異なる要素が求められます。クリエイティブな仕事をするデザイン会社では、創造性を刺激するためにカラフルで個性的なデザインが求められるでしょう。一方で法律事務所などの専門職の場合、シンプルで落ち着いた雰囲気が求められます。コミュニケーションを重視する企業では、オープンなレイアウトや共用スペースを設けることで、チームワークを促進するかもしれません。 業種によって違う要求があるため、オフィスデザインは企業の特徴や目的に合わせて考える必要があります。しかし、どの業種においても心地よい作業環境を提供することが重要です。従業員が仕事に集中できるような設計や快適なエアコン環境など、効果的なデザインを行うことが求められます。 繁忙期にはバタバタと忙しない雰囲気が漂い、落ち着きを失いがちですが、良いデザインによって、効率的な業務遂行が可能です。それぞれに必要な要素を考慮しながら、優れたオフィスデザインを実現し、従業員の働きやすさを追求していくことが求められます。

オフィスデザインの人材確保はスキルや経験を前提に考えること

オフィスデザインで必要な人材確保をしたいと考えている場合には、必ず自社が求めるスキルや経験を明確にするということが重要です。
そもそも、オフィスデザインと言ってもコンセプトが間違っていると方向性が異なるものが仕上がってしまいます。
クライアントの要求に応えることができたり自社が求めている形にならないと意味がありません。
そのためにはまず、オフィスデザインに関して自社が求めているスキルや経験を明確にしておくことが非常に重要です。
それにマッチした人材に対してアプローチを仕掛けることで、より優秀な人たちを確保できるようになるからです。
また、オフィスデザインについては採用方法にも工夫をする必要があります。
例えば、コスト削減を念頭において人材を手に入れたいと考えている場合には派遣やフリーランスなどといった手段を用いるのも一つの方法です。
様々な形で工夫を加えることで、コストカットに繋がりますのでより効率的に事業を行うことができます。

イメージアップが期待できるオフィスデザインを実行しよう

世の中にある各企業では多くの社員が日々働いているはずですが、できるだけ働きやすい環境を整えることがすごく大事です。
例えば毎日掃除をして清潔な環境に整えておいたり、各自のデスクの周りに十分な広さを確保しておけばかなり働きやすくなります。
その上でイメージアップが期待できるオフィスデザインを実行すると、社員だけでなく来客の気分もすごく良くなるのでおすすめです。
例えば壁や天井、床にカーテンなどを明るい色で統一しておくと、社員みんなが明るい気持ちで業務に取り組めます。
また来客とのビジネスも上手くいく確率が高まりますし、是非実行してみてください。
イメージアップが期待できるオフィスデザインを請け負う会社はインターネットで探せばいくつも見つかるので、できるだけ実績豊富な所に依頼をすると良いです。
こういった会社はオフィスを明るく彩るノウハウを多数持っているので、安心してお任せできるのではないでしょうか。
工期や費用もそれほどかかりませんし、是非実行してみると良いです。

オフィスデザインを考える際は照明にも気を使おう

世の中の多くの社会人は平日になるとそれぞれの勤め先へと足を運び、自らの業務に取り組むはずです。
良い環境の中で仕事をすればきっと捗りますし、様々なアイデアが次々に生まれるかもしれません。
そこでもし今より良い環境に作り替えたいなら、思い切ってオフィスデザインの変更に取り組んでみてはいかがでしょうか。
オフィスデザインを変更するとなると、まず机や椅子の配置の変更から取り掛かるかもしれません。
またはパソコンやコピー機、電話にFAXなどを別の場所に置くこともあります。
もちろんこういったやり方も気分を変えるのに役立ちますが、まずは照明を変更してみることをおすすめします。
例えば今よりもっと明るい照明に交換すると、社員それぞれの気持ちもより高まります。
来客が訪れた際もお互いの気持が明るくなるため、商談がきっとスムーズに進む可能性が上がります。
照明そのものも近隣の店舗で簡単に手に入りますし、値段も手頃なので導入にかかるコストの心配もありません。
是非取り入れてみてください。

職場の機能性を上げるオフィスデザインとは

オフィスのデザインは、従業員の働きやすさや生産性に大きく影響します。
機能性の高いオフィスデザインは、従業員が快適に働くことができ業務効率の向上にもつながります。
機能性の高いオフィスデザインのポイントを挙げます。
オフィスは従業員同士のコミュニケーションが活発に行われることでアイデアの創出や業務の円滑化につながりますので、コミュニケーションを促進するレイアウトを検討することが重要です。
デスクをグループ分けしたりミーティングスペースを充実させたりすることで、従業員同士のコミュニケーションを促進することができます。
集中して業務に取り組むためには適度な静けさとプライバシーが確保された環境が必要ですので、集中力を高める環境を整備することも重要です。
会議室や電話ブースなどの集中スペースを用意したり騒音を軽減する工夫をしたりすることで、集中力を高めることができます。
従業員の健康は生産性の向上に欠かせませんので、健康的な働き方を実現する環境も重要です。
適度な照明や空調や休憩スペースなどを導入することで、健康的な働き方を実現することができます。

オフィスデザインで稼働率が大きく変わります

オフィスデザインは働く人々の生産性や満足度に大きな影響を与える要素の一つです。
その中でも、稼働率に対する影響は極めて大きいと言えます。
オフィスデザインが適切に計画され、効果的に実施されると、従業員の働く意欲や効率が向上し、結果的に稼働率も大きく変わることがあります。
オフィスデザインが稼働率に影響を与える方法として、職場環境の快適性が挙げられます。
快適なオフィス環境は、従業員が長時間仕事に取り組むことを助け、適切な温度、照明、エルゴノミクスなどが考慮された環境は、労働力のストレスを軽減し、生産性を向上させます。
その結果、従業員はオフィスに来ることを好むようになり、稼働率が向上するでしょう。
オフィスデザインはコラボレーションとコミュニケーションを促進するためにも重要です。
オープンスペースや共用エリアの設置は、従業員同士の対話やチームワークを活性化させ、情報の共有と意思疎通を円滑にします。
これにより、プロジェクトの進行がスムーズになり、稼働率の向上に寄与します。
オフィスデザインは従業員のモチベーションにも影響を与えます。
魅力的で創造的なオフィス環境は、従業員が自分の仕事に誇りを持ち、やりがいを感じる要因となります。
従業員が自身の役割に情熱を持ち、オフィスに出社したいと感じるならば、稼働率は自然と高まります。
オフィスデザインは稼働率に大きな影響を与える要素であり、従業員の快適性、コラボレーション、モチベーション、柔軟性などが考慮された設計が重要です。
これらの要素が組み合わさることで、オフィスはより魅力的な労働環境となり、稼働率の向上に寄与するでしょう。

オフィスデザインに関する情報サイト

大阪 オフィスデザイン

新着情報

◎2024/2/16

情報を更新しました。
>オフィスデザインの人材確保はスキルや経験を前提に考えること
>イメージアップが期待できるオフィスデザインを実行しよう
>オフィスデザインを考える際は照明にも気を使おう
>職場の機能性を上げるオフィスデザインとは
>オフィスデザインで稼働率が大きく変わります

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>オフィスデザインを決める時には従業員のアンケートを参考に
>快適性を重視したオフィスデザインを考えるデザイナーを頼る利点
>オフィスデザインはコンセプトに基づいてスタイルを考慮する
>フレッシュな雰囲気を演出するオフィスデザイン
>業種によってニーズが異なるオフィスデザイン

◎2022/11/16

情報を更新しました。
>企業の関係者がオフィスデザインを依頼する場合の基礎知識
>オフィスデザインにも多様なトレンドがあります
>女性の目線で考えられるオフィスデザインとは
>オフィスデザインの成功のポイントはどこ?
>オフィスデザインにはお金がかかるので注意

◎2022/1/14

情報を更新しました。
>オフィスデザインは来客者のことを考えることも大事
>オフィスデザインを考える際には統一感も大事
>オフィスデザインではコンセプトが大事になる
>オフィスデザインに興味がある業種で働きたい
>オフィスデザインは色使いが意外に大事になる

◎2021/4/14

こだわりたいスペース
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

エントランスのデザイン例
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「オフィス デザイン」
に関連するツイート
Twitter

🌸✨ 華やかなフリルが魅力のUNITED ARROWSのブラウス!上品なデザインで、オフィスやデートにもぴったり✨🌸 今なら30%OFFでGETできちゃいます!お早めにチェックしてみてくださいね♪🎀

どんな部屋にも馴染むシンプルなデザイン♪ 電波で時刻調整するので面倒な時刻合わせも不要 オフィスやリビングでも見やすい文字盤

<<

今週のサラメシはクリエイターさんのオフィス。舞台のポスターデザインなどを手掛けていらっしゃる方でお仕事中の画面にはっしーが出演する舞台「SLEUTH」のロゴがありました。こういう出会いはトキメキますね。

新作アライバル✨エレガントな透かし彫り2ピースセット。オフィスからパーティーまで幅広く活躍するクラシカルで洗練されたデザイン。一体感のあるコーデで周りと差をつけよう!